国際教育への取り組み

国際教育はわれわれ全員に必要不可欠なものです。われわれが生きている世界について知ることは、平和的共生がいかに重要かを知る手がかりになります。わたしは教員として、生徒たちが日本を超えた世界に目を向けられるよう、役割を果たしたいと思います。
英語は、もっとも幅広く利用されている国際言語です。わたしの授業では、スピーキング・リスニング・ライティング・リーディングの4技能について練習させています。授業の中心的な内容は英語での日常会話になります。日本では、2019年にラグビーのワールドカップが、2020年にはオリンピックが、それぞれ開催されますね。小学校での英語教育が始まり、2020年度の大学入試改革もあり、いまだかつてないほど日本人にとって英語が重要視されています。これからも、生徒たちが授業に積極的に参加するよう、最善の指導に尽くしていきたいと思います。やればできる、不可能なことはなにもないのですから。

Gavin Currivan

(ギャヴィン・カリヴァン)

アイルランド・ダブリン出身。2004年から共栄学園の教壇に立ち、中学校では英会話、高等学校では大学入試向け英作文の授業を担当しています。英検面接の事前練習にも対応(希望者向け)。海外研修と交換留学の引率。サッカー部顧問。好きな日本食は、お寿司。

レシテーションコンテスト

30年間続いている共栄学園主催の英語レシテーションコンテスト。東京・埼玉・千葉の共栄学園近隣の中学校から出場者を募集して、約30名によるコンテストを毎年11月上旬に実施。本校の英語科教員を中心に、国際教育の一つとして共栄学園の伝統的イベントとなりました。

K-SEP

国内滞在型イングリッシュキャンプ。ALTの資格を持った優秀な外国人教師が、担任制として1班にひとりずつ同行し、学習時間だけでなく、食事のときにも3食とも生徒と一緒に過ごします。バス内レクリエーション・自己紹介スピーチによるコミュニケーションやプレゼンテーション力の向上・英語創作劇の発表・英語でのスポーツ大会・英語ゲームなど、盛りだくさんのプログラムで楽しみながら英語力を向上させていきます。

海外研修

希望者対象の語学研修旅行。カナダのバンクーバー国際空港から車で1時間ほどの治安の良い町で研修。滞在期間中は、1人1家庭のホームステイでカナダの文化や生活を体験します。スクーリングでは、ネイティブの先生による英語レッスンやアクティビティなどを通し英語の生活に馴染み、国際人としての素地を育みます。

交換留学

共栄学園では、毎年5~6月頃にアメリカ合衆国のコネチカット州やニューヨーク市の中高生を留学生として迎え入れています。本校生徒の家庭がホストファミリーとなり、国際交流を深めるとともに、学内では日本文化を紹介するイベントなどを行っています。本校からは、毎年3月下旬にアメリカへの短期留学を行っています。

GTEC 
継続的に英語力の伸びを測定できるスコア型英語4技能検定

ベネッセコーポレーションのスコア型英語4技能検定「GTEC」を取り入れていきます。
センター試験は2020年度(2021年1月)から「大学入学共通テスト(仮称)」に変わります。英語では、センター試験の「読む」「聞く」の2技能の測定から、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能の評価が可能な民間の資格・検定試験の活用へと段階的に変わります。共栄学園では、「GTEC」で生徒に英語力の伸びを実感できるようにし、スコアや7段階のグレード、Can-do Statementsにより、具体的な英語活動をイメージしながら目標設定ができるようにしていきます。

PAGE TOP