受験生の保護者の皆様へ

共栄学園のサイトにお越しいただきましてありがとうございます。
このページでは、高等学校受験生の保護者の皆様に向けて、共栄学園の特長をご紹介させていただきます。

誠を貫く生き方。

2つのコース制を柱に夢の実現を叶えます。

2020年度から新大学入試制度が始まり、これまでの入試とは大きく異なります。これまでの大学入試センター試験では、マーク式問題でしたが、これからは思考力・判断力・表現力などを問う問題や英語の4技能「読む・聞く・書く・話す」を問う問題、また高校3年間で何に取り組み、どのような成果を上げることができたのかという諸活動の内容も重要になります。
本校では、2つのコース制を柱に「至誠一貫」という建学の精神のもとで、新大学入試に向けて様々なプログラムで夢の実現を叶えます。

モットーは『文武両道』

共栄学園には、世界一のバトン部、日本一の女子バレーボール部、硬式テニス部。全国大会出場常連の少林寺拳法部(2017年インターハイ3位)、2017年硬式野球部が夏の東東京大会でベスト8、東京優勝の男子ソフトボール部など輝かしい実績を上げたクラブが多数あります。共栄生は、日々『文武両道』を実践しています。

写真提供:ミスダンスドリルチーム協会

本校へ入学を希望する皆さんへ

共栄学園の入学試験は、国語・数学・英語の3教科です。しかし、1回の試験の点数だけでなく、中学3年間の様々な活動結果や中学3年生2学期の5教科内申点を重視します。勉強はもちろん、中学時代にいろいろな活動経験をし、高等学校で更なる飛躍のために努力する方の入学を期待しています。また、本校の内申基準点をクリアしていれば、学力特待生に認定されます。中学3年間の「頑張り」をアピールしてください。

PAGE TOP